Ken's notes

音楽、作曲・DTM、映画など

ハリウッド映画音楽の作り方 (♭6編) [Part.2]

ケニーです。

 

前回に引き続き、「ハリウッド映画音楽の作り方」シリーズ第一弾のPart.2。Part.1は、理論面(メロディやハーモニーなど)についてでしたね。

今回も、以下3曲についてのオーケストレーション・打ち込みについて書きます。

 

オーケストレーション・打ち込み

ポイントに絞って書いていきます。

Ex. 1

楽器一覧

木管:フルート【アルペジオ】、クラリネットアルペジオ

金管:ホルン【主旋律・和音】、トランペット【主旋律】、トロンボーン【和音】、チューバ【ベース】

打楽器:シンバル、ゴング、トレイラートム

鍵盤:ピアノ【アルペジオ

弦:ヴァイオリン【アルペジオ、刻み】、ヴィオラ【刻み】、チェロ【刻み】、コントラバス【ベース、刻み】

 

オーケストレーション

このトラック[Ex. 1]はマーベル風を意識して躍動感を出したいので、刻み・アルペジオが重要となってきます。

まずは刻み。

キレが欲しいので、弦楽器たちに主に刻んでもらいます。

その上に、後半は刻み度合い(迫力)を上げるために、小節の頭でトロンボーンにスタッカート、その頻度を増やして(小節頭と3拍目)いきます。

次にアルペジオ

ここにはPart.1でも書いた♭6の音が含まれるので、重要な部分になります。

ヴァイオリンにだけアルペジオの刻みをさせるのでもいいですが、それだと少し乾いた感じがしてしまうのと、重要な部分であるにもかかわらず薄い印象になってしまいます。

ここはユニゾンで、フルート・クラリネット(オクターブ下)にもアルペジオしてもらいましょう。

これでは終わりません!隠し味で入れている楽器があります。ピアノです。

これがあることでもっとキリッとした印象になります。

では、出来上がったアルペジオパートのみをお聴きください。

 

打ち込み

音源に関して、木管金管もEastWestのHollywoodシリーズを使っています。

どちらもすべてパッチとしては「Sus Accent」系のものです。

本当は、音色や奏法ごとにパッチをどんどん読み込んでいきたいところですが、PCのスペックとの相談でこうなっています...。

ただ、こちらのパッチはベロシティを強くするとスタッカートらしい音が出ますので、そこで調整しながら打ち込み。PCに大変やさしい打ち込みとなっております。

 

Ex. 2

楽器一覧

木管:フルート【主旋律】、オーボエ【主旋律】、クラリネット【和音】

打楽器:シンバル

民族ボイス【主旋律】

クワイア【和音】

弦:ヴァイオリン【主旋律】、ヴィオラ【副旋律・和音強化】、チェロ【アルペジオ】、コントラバス【ベース】

 

オーケストレーション

こちらのトラックは荘厳な感じにしたかったので、あまり細かく動くパートはありません。一番細かく動いてるパートがチェロで、アルペジオを担当しています。

オリジナルバージョンには金管は入っていませんが、もう少し厚みが欲しい場合は、ホルンを和音で鳴らしたりも。

以下、ホルンを軽く入れたバージョンです。

ここにハープをチェロとユニゾンで入れてみても、神聖な感じが強まったり。

楽器を入れれば入れるほど豪華になり、厚みも増しますが、上手く入れていかないと透き通った感じがなくなっていくかもしれませんので、お気をつけて。。。

今回はクワイアの質感をある程度残したかったので、あまり楽器数自体は多くしていません。

 

打ち込み

クワイアで使っているのは、Omnipshereのクワイアパッチです。

例によってEastWestのクワイア音源を持ってはいるのですが、重いのでパス!笑。

Omnisphereでも、裏で鳴らす分にはそんなに悪くないです。

民族調ボイスは、これまたEastWestのVoices of Passionのケルティックな女性ボーカルパッチを使っています。声のかすれる感じがうっとうしい場合は、EQでカットしてみるのも良いでしょう。

 

Ex. 3

楽器一覧

木管:ピッコロ【スケール上下】、フルート【スケール上下】、クラリネット【スケール上下】

金管:ホルン【主旋律】、トロンボーン【和音、ベース】、チューバ【ベース】

打楽器:トライアングル、シンバル、ティンパニ、トレイラートム

ハープ【スケール上下】

弦:ヴァイオリン【トレモロ】、ヴィオラ【スタッカート】、チェロ【ベース[オク上]】、コントラバス【ベース】

 

オーケストレーション

Ex. 3は、アドベンチャー・アクション系のトラックということで、何かを予感させていくようなサウンドにしたいです。

トライアングルヴァイオリンのトレモロの合わせ技は結構好きで使います。「何か予感させるような緊張感」をうまく出せます。

打楽器について、、、トレイラートムをティンパニと一緒に鳴らすことで、打楽器の迫力が倍増します。おすすめです。

ティンパニーのみ

トレイラートムを入れたバージョン

 

打ち込み

フルート・クラリネットのかけ上がり・下がりにも、パッチは「Sus Accent」を使ってます...(高スペックPCにしたい...)。

ピッコロもこのパッチだと変になることが多いので、さすがに「Leg Slur Runs」でラン用のパッチを使っています。

トレイラートムは、EastWestのStormdrum 2のものです。

 

 

 以上、Part. 2はここまで。

 「ハリウッド映画音楽の作り方」の第一弾でしたが、いかがでしたでしょうか。

第一弾ということは、反応が良ければ第二弾もあります(?)

 

ハリウッド映画音楽の作り方 (♭6編) [Part.1]

どうも、ケニーです!

 

この「ハリウッド映画音楽の作り方」シリーズでは、ハリウッドっぽいオーケストラにするためのテクニックを取り上げて書いていきます。

今回はそのシリーズの第一回目になります。 

まずは以下の3つの音源をそれぞれお聴きください。

 いかがでしょうか。

3つともハリウッドの映画音楽でありそうだな、という感じがしませんか?

Ex. 1は、マーヴェル映画風

Ex. 2は、ファンタジー映画風

Ex. 3は、アドベンチャー、アクション映画風

 

和声面、オーケストレーションなどで「ハリウッドっぽく」聴かせているのですが、そのテクニックを一部公開したいと思います。

この記事はPart. 1ということで、和声面について書きます。

(Part. 2では、オーケストレーション・打ち込みについて触れたいと思います)

 

理論

3つの音源(Ex. 1-3)で共通して使っている特徴的な音があります。

♭6」です。

キーがCの場合だと、「A♭」が「♭6」の音になりますね。

この♭6は、ハリウッド映画音楽だとメロディノートとしてはもちろん、伴奏部のアルペジオの一部としてよく使われます。

 

まずは伴奏パート(アルペジオ)の例です。

Ex. 1では、3連符で刻んでいる音が以下のように「1,3,5,♭6,5,3,1,♭6,5,♭6,5,3」の繰り返しです。

f:id:ken-note:20170604143036p:plain

(Ex.1-3はいずれもキーはAです)

Ex. 2でも3連符でチェロが「1,3,5,♭6,5,3」の繰り返し。

この音を入れると、人によって感じ方は変わるかとは思いますが、少しミステリアスな雰囲気が出ます。

例ではどちらも3連符ですが、8分・16分でもお好みでどうぞ。

 

次にメロディの例です。

以下は、Ex. 1とEx. 3のホルンの最初の旋律です。

Ex. 1

f:id:ken-note:20170604143041p:plain

Ex. 3

f:id:ken-note:20170604145553p:plain

どちらも似た音型です。「♭6」の音に到達する前に短めの音符でスケール・コードトーンを駆け上がってから到達しています。ハリウッド映画音楽で♭6をこのような雰囲気の曲で使う場合は、上記の音型がかなり多いように思います。

 

コード、ハーモニー面での解説をそれぞれ。。。

Ex. 1

最初の10小節は基本的にⅠ(♭13)[A♭13]のコードですが、コードというよりは以下のスケールで考えて作っています。

※わかりやすいようにキーCにしています

f:id:ken-note:20170604160204p:plain

6、7の音がフラット♭されているスケールです。

最後の2小節分は、♭Ⅵ→Ⅳの流れです。♭Ⅵに関しては、ハリウッドで本当によく使われます。

Ex. 2

こちらは、Ⅰ(♭13)→♭Ⅵ(♭13)の繰り返しという流れになっています。

長三度下に転調したと考えてもいいかもれしません。

ここでも♭Ⅵが出てきましたね。♭6のメロディノートとの親和性が良いのです。

Ex. 3

メロディについては、上記「♭6」の説明の通りです。

ベースノートとして1の音(例ではA)がずっと鳴り続けています。

最後の方の木管やハープの駆け上がりも、上記の6、7をフラット♭したスケールを少し変形させて使っています。上行時は6の音にだけ♭を、下降時は6、7に♭

 

ということで、Part. 1はここまで。

Part. 2(オーケストレーション・打ち込み)を近いうちに更新します!

 

「美女と野獣(Beauty and the Beast)」5音の魔術

 

どうも、ケニーです!

 今回は、前記事2つとは少しスタイルを変えてメロディとモチーフについて書きたいと思います。コード進行などについては触れません。

題材は、エマ・ワトソン主演で今話題になってる映画美女と野獣のテーマ曲です。

www.youtube.com

 作曲したのはディズニーではお馴染み、アラン・メンケン(Alan Menken)氏。

彼はその他多くのディズニー映画の作曲に携わっています(「アラジン」、「リトル・マーメイド」などなど...)

どれもキャッチーで夢が広がるような曲ばかりですよね!

考察

 この「Beauty and the Beast」という曲、アリアナが最初に"Tale as old as time"という音型を歌った時点で、1曲を通したモチーフが決定しています!(歌に入る前のイントロでももちろんそれが使われてますが)。

以下はアリアナの最初のパート8小節分です。

※細かいフェイクや歌い回しは簡略化しています。

f:id:ken-note:20170505222102p:plain

 基本的に5音で一つのかたまり(8分音符4つ+2分音符or全音)になっているのがよくわかります。

・1、3、5小節目の8分音符は上行形

・6、7小節目の8分音符は下行形

この後、ジョンのパートの"Both a little scared"から上下ジグザグに進んだりはしますが、「8分音符4つ+2分音符or全音」の音型は1曲通して崩れません。

曲のメロディすべてが、最初の"Tale as old as time"のメロディを変化させたものです。

「何度も繰り返す」

これは音楽で本当に大事な部分になります。

繰り返すことで、人の記憶にも残りやすくキャッチーなメロディとなります(その繰り返し方も大変重要にはなってきます)。

 

これは分かりやすく、モチーフを大切に何度も使っている曲ですが、基本的にキャッチーなポップスでは、モチーフをむやみやたらに変えるようなことはしないのが得策かと...。

 

5音で一つのかたまりの例としてもう1曲参考に挙げて、記事を締めくくります。。。

Harry Connick Jr. - It Had to Be You

www.youtube.com

 

以上です!

 

もっとこういう解説が読みたい、知りたいといったことがあればできる限り反映させていけたらな、と考えていますので、お気軽にコメントなどいただければと思います。

【アナライズ】「スター・ウォーズ」の「アナキンのテーマ」(一部)

 

どうも、ケニーです。

前回は「E.T.」のテーマの一部解説でした。

 

今回は、、、

スター・ウォーズ「アナキンのテーマ」(序盤4小節)です!

スター・ウォーズというと、あの壮大で勇ましいメインテーマの方を思い浮かべる方が多いかもしれません。

 

しかし今回は、落ち着きがあり、美しいこの曲を選びました。序盤4小節は木管楽器のみで、その後に弦楽器が中心に奏でられます。

そして、曲の中で使われてる金管楽器は、「ホルン」のみです。

金管をあまり使わなくても、ここまでダイナミクスがあって盛り上げられるのですね~

 

ということで、さっそく。

全体とパートごとに分けたものをアップします。

上から順に「全体」「フルート」「オーボエ」「イングリッシュ・ホルン」「クラリネット」「バスーン(ファゴット)」

理論

 キー:Eメジャー

パート:フルート、オーボエイングリッシュ・ホルンクラリネット

バスーン

 

自分なりの分析では以下のコード進行になっています。

E → F♯/E → F♯7/G → Bsus4(9) → E/B →

CM7/B → C7(♯11)/A♯ → Em(♯11) → CM7(♯11) → E/B

 

Ⅰ→ Ⅱ/Ⅰ → Ⅱ7/♭Ⅲ → Ⅴsus4(9) → Ⅰ/Ⅴ →

♭ⅥM7/Ⅴ → ♭Ⅵ7(♯11)/♯Ⅳ → Ⅰm(♯11) → ♭ⅥM7(♯11) → Ⅰ/Ⅴ

(割と特殊な書き方をしているかもしれないので、わかりにくい部分があるかと思います...)

 

ここで注目したのは、2つ目の和音(Ⅱ/Ⅰ)と、6つ目の和音(♭Ⅵ/Ⅴ)。

①「Ⅰ→Ⅱ/Ⅰ」の流れは、ハリウッド映画音楽ではよく聴きます。

一時的にリディアンの旋法を取り入れる形になるからかもしれません。

(Ⅱのメジャーの和音が、♯Ⅳを含んでいるため)

 

②「♭ⅥM7/Ⅴ」(♭Ⅵの第三転回系)の和音は、ジョン・ウィリアムズがよく使っていると思います(ET、レイダースマーチ...etc)。

M7の音と根音が半音で当たり、独特の透明感を出しているように感じます。

自分は、ホルンにこの和音を担当させることが多いです。

 

音色・要素別

フルート【主旋律】

オーボエ【主旋律・ハモリ】

イングリッシュホルン【主旋律オクターブ下】

クラリネット【対旋律】

バスーン【対旋律・バス】

打ち込み

いつものように、すべてEastWestのHollywood Woodwindsを使っています。

楽器によっては、Expressionを一番下まで下げることで音量を下げていきたいのにも関わらず、もっと小さくなるはずでしょ!っていうレベルで鳴り続けてくれる大変有難~い楽器があります(特に木管!!!)。

今回であればフルート。

これについてはExpressionに加えて、ボリュームをDAWの方で下げていくようにオートメーションを書いています。2つの合わせ技です。

それによって、他の楽器との音量バランスも取っていくことも可能です。

※今回はあまり時間をかけてないので、良い打ち込みの例ではないかもしれません^^;

 

以上、「アナキンのテーマ」の自分なりの解説でした。

 

もっとこういう解説が読みたい、知りたいといったことがあればできる限り反映させていけたらな、と考えていますので、お気軽にコメントなどいただければと思います!

 

では~

【アナライズ】「E.T.」のテーマ(一部) Part. 1

 

はじめまして。ケニーです。

 

最初の記事なので前置きで伝えたいことも多くありますが、一言でまとめます。

 

「このブログを読み続けていただければ、ハリウッド映画音楽のような曲を作れるようになる!(かもしれません)

※主に、自分の音楽観・作曲のこと(楽曲解説・打ち込み・理論・マインド)について語っていきます。

 

ということで、さっそく。

本日は映画E.T.のテーマ『Flying Theme』の一部。

以下の2:30~2:44あたりをポイントに絞って解説します(前に自分で打ち込んだものです)。

 

4小節分。曲の中盤で盛り上がり、一度落ち着く部分ですね。

「また地味な部分を取り上げたな」なんて思うかもしれませんが、

こういった部分にこそ、大事な要素が簡潔にまとまって入っていたりします。

(パートが少なくて解説が楽...)

 

全体とパートごとに分けたものをアップします。

上から順に「全体」「フルート」「ハープ&チェレスタ」「ヴァイオリン」

 

理論

 キー:Cリディアン

パート:フルート、ハープ、チェレスタ、ヴァイオリン

 

こちらの部分はすべて、「Cリディアンスケール」で構成されています。

以下のように、普通のCメジャースケールの4番目の音を半音上げたものです。

 f:id:ken-note:20170407225119p:plain

 自分は、リディアンを「少し不思議な感じ」「浮遊感」「透明感」を出すときによく使います。使いまくってます。多用です。

これが使いこなせればハリウッド映画音楽の一部を習得できたといっても過言ではないかもしれません。

 

そして、リディアンを使ったフルートの主旋律の下で、ヴァイオリンがトレモロで鳴っています。

このヴァイオリン、小節ごとに以下のようなコードを使用しています。

1~3小節:CM7(9)

4小節:C(#11, 13)

ジョン・ウィリアムズは9thの音をこういったところで入れるのを頻繁に耳にします。

また、4小節目では、#11(ファ#)と5の音(ソ)を半音でぶつけて鳴らすことで、解決せず少し不安定な印象を与えています。

こういった繊細なコントロールを積み重ねることで、ジョン・ウィリアムズ他、ハリウッド作曲家たちの音楽はレベルの高いものとなっているのだと思います。

 

音色・要素別

フルート【主旋律】:「柔らかさ」「優しさ」

ハープ【スケール上下】:「浮遊感」「透明感」「ファンタジー感」

チェレスタ【スケール上】:「キラキラ」「夢」「ファンタジー感」

ヴァイオリン【トレモロ】:「透明感」「柔らかさ」「緊張感」

打ち込み

打ち込みのテクニック的なところにも触れてみます。

今回は2点。

 

1.ハープ

ハープの楽譜には、"gliss ad lib"と表記されて、指定の音符(あるいはハープペダルの記譜)の後に、波線のようなものが書かれていることがあります。

 こちらに関しては、自分はその指定の音符が満遍なく出てくるように打ち込むことが多いです。あとは、元の音源をよく聴いて、それっぽくなるように打ち込みます。

今回の場合だと、32分音符くらいでスケールを上下させています。もしDAWにヒューマナイズ機能が付いていれば、それを使って自然な感じに近づけるのもアリです。

 

2.ヴァイオリン

 今回、ヴァイオリンパートはずっとトレモロでした。

実際に弾くときは、2音間を交互に細かく鳴らしていくのでしょうが、打ち込みでそれを愚直に再現しようとすると、不自然さが残ったり、独特の質感が出なかったりします(少なくとも自分の持っている音源「EastWestハリウッドストリングス」ではそうなります)。

なので、EastWestハリウッドストリングスであれば、「Tremolo」のパッチを使って以下のようにベタっと打ち込んでみています。今のところ、自分が打ち込む中ではこのパターンについては、以下の方法が一番良い感じになります。

f:id:ken-note:20170408030258p:plain

 

以上、「E.T.」のテーマ(一部) の解説でしたが、Part.1があるということはPart.2もありそうですね!

もっとこういう解説が読みたい、知りたいといったことがあればできる限り反映させていけたらな、と考えていますので、お気軽にコメントなどいただければと思います!

 

ではでは~